ネスカフェドルチェグストの評判・口コミ

ドルチェグスト

 

トップページで紹介している通り、ありとあらゆるコーヒーメーカーやエスプレッソマシンなどの情報を見てきました。また実際に自分で保有して楽しんでいるマシンも何台かあります。その中で私が一番おすすめしたいのがネスレ(Nestle)の「ネスカフェドルチェグスト(DolceGusto)」です。

 

本ページでは私がネスカフェドルチェグストを使ってみて感じた使い勝手やユーザーから集めた口コミを中心にまとめます。一応これでもドルチェグスト歴は長く、シーズン限定を含めた18種類上の専用カプセルを飲みました。専用カプセルのレビューは長くなるので最後にまとめました。またドルチェグスト本体を買わなくても無料レンタルできる定期お届けコースがあるので、その辺も紹介しておきます。

 

 

ドルチェグストの特徴

ネスカフェ「ドルチェグスト」の使い勝手
  • 予想以上に素早くコーヒーができる。
  • 手入れが面倒。
  • 意外とスペースが必要。

 

予想以上に素早くコーヒーができる

私はティファールの湯沸かし器を持っているのですが、それよりもかなり早いです。電源を入れてから約1分でホットコーヒーを飲めます。

 

まず、ドルチェグストでコーヒーを淹れる場合、コンセントをさした状態で本体てっぺんにあるボタンを押します。ボタンが赤く点滅しますが、約40秒ほどで緑色になります。緑色がコーヒーを淹れられる状態です。

 

ドルチェグストの準備

 

コーヒーを淹れる時間は種類によって異なりますが、カプセルが1つのコーヒーなら約20秒ほどです。カプセルが2つセットになっているものならば約40秒ほどかかります。どんなに長くても、電源を入れてから2分以内に極上のCoffeeが飲めます!

 

ドルチェグスト専用カプセルの比較

 

ドルチェグスト専用カプセルが2つかどうかは、箱に描かれているカプセルで判別できます。上の写真の赤枠で囲ったところです。チョコチーノなどは2つのカプセルを順番に淹れます。

 

手入れが面倒

コーヒーマシンなので仕方がないことですが、コーヒーが跳ねた汚れが本体についてしまいます。味が落ちるとかそういう問題ではありませんが、汚れがポツポツついてしまうと気になります。特に受け皿の部分は汚れやすいです。

 

ドルチェグストの汚れ

 

さらに、一番気を付けなければならないのが、付属している専用カプセルを捨てる容器です。カプセルに残った微妙なコーヒーが徐々に溜まっていきます。上手いこと二重底になっていて、カプセルだけをゴミ箱に捨てるのは簡単なのですが、うっかり長期間放置してしまうとカビが生えます。

 

ドルチェグスト専用カプセルを捨てる容器

 

特に夏場は危険です。実際、夏場の暑さからしばらく放置していたら、目も当てられないくらいカビがブワっと繁殖していました。夏場は2~3日ごとに洗うことをお勧めします。冬場は1週間くらい大丈夫です。

 

私は洗うのが面倒なので、普通のビニール袋にカプセルを捨てることにしました。

 

 

意外とスペースが必要

ドルチェグスト本体は横幅15cmくらい、奥行き25cmくらいあります。しかも、近くにコンセントがあって安定した置き場が必要です。どこに置くかは生活スタイル次第ですが、いいスペースがあると良いのですがね。私は仕事部屋にある洋服タンスの上に無理やり置いています。

 

ドルチェグストをタンスの上に置く

 

さらに、ご覧のとおり、ドルチェグスト専用カプセルの箱を置くスペースも結構必要です。定期購入の場合、2か月ごとに6箱届きます。洋服タンスの上に積み上げると写真のとおりです。タンスの上は完全にドルチェグストゾーンと化しました。

 

>>目次に戻る

 

 

ドルチェグストの口コミレビューまとめ

ネスカフェ「ドルチェグスト」の評判と口コミをAmazonと楽天からかき集めました。

 

全体的に高い評価を得ているので、重複する内容は省いています。個人的には「これはダメだ!」というのを色々とみつけたくて、色々な口コミや評判を探しまくりました。言葉だけだとわかりづらいところは参考画像を用意してあります。

 

良いのと悪いのを完全に分けてまとめました。どちらから見るかは自由ですが、両方見ないと偏った情報だけ仕入れることになるので注意してください。

 

良いところ
  1. 操作方法が簡単。抽出レバーが一つだけで、分量の調節と熱湯か常温を選択できる。
  2. ボタンもレバーも一つだけなので、祖母でもすぐに使えるようになりました。プレゼントに最適です。
  3. 水の量を自由に決められるので、自分好みの濃さを楽しめる。
  4. ドルチェグストの操作方法

  5. 電源を入れてから30秒ほどで淹れることができるので、気が向いたらすぐに飲むことができる。
  6. インスタントコーヒーよりも数段美味い。ドルチェグストを一度使ったら、もう戻れません。
  7. ドルチェグスト専用カプセルの種類が豊富だから色々と楽しめるし、どんな人でも自分好みの逸品が見つかる。
  8. あっさり、苦み、酸味、甘いものまで様々なバリエーションを楽しめる。
  9. 味はコンビニ以上、スターバックス以下。これで一杯50~100円くらいなので、コストパフォーマンスは良好です!
  10. 自動で抽出して、自動で終わるので、放置しても分量を誤ることなく淹れられる。
  11. 普通のコーヒーメーカーよりもメンテナンスが楽。汚れをふく程度で、故障などはほとんどない。
  12. デザインもおしゃれで可愛い!ペンギンみたい笑。
  13. ラテ系は最高においしい!ちょっとした贅沢で、毎日の楽しみになっています。
  14. 宇治抹茶ラテやチョコラテがあるので、甘くて美味しいと子供たちも喜んでいます。
  15. ラテ系はミルクがふんわりとしており、普通のコーヒーマシンでは絶対にできません。
  16. ドルチェグストのラテ系4種類

  17. 自宅に居ながらカフェの気分を味わえます。
  18. 旦那のために購入したら大喜び!簡単・早い・美味しいの三拍子で文句のつけようがありません!
  19. お湯を沸かす必要がないので、気軽にコーヒーを飲めるようになりました。

 

悪いところ
  1. インスタントと比べると高い。安いものでも一杯あたり約50円。高いものはいっぱいあたり約110円。
  2. ホットでも70度くらいなので、温度がやや物足りない(最も美味しく飲める温度が70度らしいですが)。
  3. 電源コードが短い。コンセントが近くにないとおけないので、場所を選ぶ。
  4. ドルチェグストの電源コードが短い

  5. 音が少し大きいです。すぐに淹れられるからそれほど気にはならないけど、意外とうるさいです。
  6. 給水タンクが後ろにあるので、置き場所によってはいちいちマシンを回転させないといけない。
  7. ドルチェグストの給水ポッドが背面にある

  8. コーヒー系はいまいちです。よほどのコーヒー通でないと、味の違いがわかりません。

ドルチェグストのコーヒー系5種

 

まとめ

どうでしたか?正直コーヒー系5種の違いは、確かにわかりません笑。

 

ただ全体的に良い評判や口コミのほうが多い印象でした。あくまで抜粋なので、もっとじっくり見てみたい方はぜひ直接Amazonや楽天で見てみてください。

 

ドルチェグスト本体無料&10%引き定期購入はネスレ通販オンラインショップでしか扱っていないので注意してください。

 

>>ドルチェグスト公式サイトはこちら

 

>>目次に戻る

 

定期お届けコースでドルチェグストを無料レンタル

ネスレが世に出した最高品質のコーヒーマシンであるネスカフェ「ドルチェグスト」を無料で手に入れられる方法があるんです!

 

ポイントサイトに登録したり、クレジットカードを作ったりする必要はありません。ネスレ通販オンラインショップでドルチェグスト専用カプセルの定期購入を申し込むだけです。

 

ドルチェグストと専用カプセル15種類

 

ドルチェグストはAmazonや楽天で1万円前後で売られていますから、それだけお得になります。しかも、専用カプセルは定期購入で1箱当たり約100円ほど安くなるので、さらにお得です!

 

ただし、ドルチェグスト本体を無料で手に入れるための条件は3つあります。

 

ドルチェグスト本体が無料になる条件
  1. 専用カプセルの定期購入は1回6箱以上申し込む。
  2. 専用カプセルを累計60箱以上申し込む。
  3. 支払方法はクレジットカードのみ。

 

ドルチェグスト専用カプセルを1回6箱注文すると仮定すると、10回注文することになります。定期購入は2か月ごとに送られてくるので、20ヵ月(1年と8ヵ月)は定期購入する必要があることになります。累計注文数が60箱に到達する前に解約すると、本体代金として7,800円請求されます。

 

ドルチェグストを無料で手に入れるために必要なお金

ドルチェグスト本体を無料で手に入れるためにいくら必要なのかを計算しました。

 

ドルチェグスト本体を無料で手に入れるたに必要なお金

専用カプセル1箱 831円 × 60箱 = 49,860円

 

た、たけええええええええええええええええええ!お、落ち着け…これは総額だ…。20ヵ月で約5万円なので、1か月あたりの負担は約2,500円です。

 

2ヵ月で6箱頼めばいいので、1か月あたり3箱消費することになります。1箱16杯分(または8杯分)入っているので、1日1杯以上楽しめる計算になります。

 

本格派のコーヒーマシンを毎日楽しめて2,500円なら…納得できる価格ですね!

 

 

ドルチェグスト専用カプセルを定期購入して得するお金

約5万円も払うのですから、それなりに得しないと意味がありません。そこで、結局いくら得するのかを計算しました。

 

専用カプセルは1箱924円→831円または980円→882円になるので、1箱あたり約100円お得します。

 

ドルチェグスト専用カプセルを定期購入して得するお金

1箱 約100円 × 60箱 + 本体 約1万円 = 約16,000円

 

おお、16,000円は結構デカいですね!20ヵ月という縛りはありますが、専用カプセルは全部で14種類あるので飽きることはないし、マシンの無料保証もあるので安心です。

 

>>ドルチェグスト公式サイトはこちら

ドルチェグスト専用カプセルのレビュー

ドルチェグスト専用カプセル全種類

 

ドルチェグスト専用カプセルは全部で14種類以上あります。たまに期間限定のカプセルが出るので、時期によって増えます。

 

とりあえず私は現時点で購入できる全種類を購入して、一つずつ飲み比べしてみました。飲み比べしてみると、コーヒーでも色々味が違うんですね。私は今年で32歳になりますが、コーヒーの違いを初めて実感しました。

 

ドルチェグスト専用カプセルの種類と価格(定期購入時)、内容量を表にしてまとめました。また、それぞれを飲んだ感想も簡単にまとめました。定期購入は自由に選べますので、参考にしてください。

 

次の表はジャンルごとに色分けしてあります。

  • 赤色ゾーン…コーヒー
  • 青色ゾーン…アイス ビバレッジ
  • 黄色ゾーン…エスプレッソ ビバレッジ
  • 緑色ゾーン…ティー・ココア その他

 

名前

1杯

1箱

価格

評価

レギュラーブレンド

120ml

16杯分

831円

マイルドブレンド

120ml

16杯分

831円

★★

ローストブレンド

120ml

16杯分

831円

レギュラーブレンド カフェインレス

120ml

16杯分

831円

モーニングブレンド

200ml

16杯分

831円

★★

カフェオレ

180ml

16杯分

831円

★★

アイスコーヒーブレンド

90ml

16杯分

831円

アイスカプチーノ

240ml

8杯分

882円

★★★

エスプレッソ

60ml

16杯分

831円

エスプレッソ インテンソ

50ml

16杯分

831円

カプチーノ

240ml

8杯分

831円

★★

ラテ マキアート

220ml

8杯分

831円

★★★

ソイラテ

210ml

8杯分

882円

★★

ティーラテ

220ml

8杯分

882円

★★

チャイティーラテ

220ml

8杯分

★★

宇治抹茶ラテ

190ml

8杯分

882円

チョコチーノ

210ml

8杯分

882円

★★★

宇治抹茶

80ml

16杯分

※チャイティーラテ、宇治抹茶は現在販売停止中のため購入できません。

 

>>ドルチェグスト公式サイトはこちら

 

>>目次に戻る

 

ドルチェグストの使い方

今回はネスカフェ「ドルチェグスト」の使い方を紹介します。本当に簡単なので、一度見ればすぐに覚えられます。

 

ドルチェグストの購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

大まかな手順

  1. 電源ボタンを押す。
  2. 水量をレバーの上下で調節する。
  3. 専用カプセルを本体に入れる。
  4. 熱湯か常温か、レバーの左右で選択して抽出する。

 

電源ボタンを押す

まずはドルチェグスト上部にあるボタンを押して電源を入れます。あ、もちろんコンセントをさしていないと反応しませんよ!

 

ドルチェグストの準備状態

 

ボタンを押すと40秒ほど赤く点滅した後に緑色に変わります。緑色の状態が「抽出可能な状態」を示します。

 

水量をレバーの上下で調節する

専用カプセルの蓋に記されている「目盛り」を確認してください。これが専用カプセルの最適な水量を表しています。

 

ドルチェグスト専用カプセルの目盛り

※赤く囲ったところです

 

今回は写真右端の「カフェオレ」を飲むので、目盛りは6です。レバーを下に動かすと目盛りが増え、上に動かすと減ります。普通の感覚と逆なので注意してください。

 

レバーを下に動かすと、目盛りが増えます。

 

ドルチェグストの水量を増やす

 

レバーを上に動かすと、目盛りが減ります。

 

ドルチェグストの水量を減らす

 

こんな感じで、目盛りを6に合わします。

 

ドルチェグストの水量を6に合わせる

 

専用カプセルを本体に入れる

次に専用カプセルを本体に入れます。

 

まずはドルチェグストの前面にある銀ピカの「ハンドル」をパカッと上げます。

 

ドルチェグスト前面のカバーを上げる

 

専用カプセルをセットする「ホルダー」を手前に引きます。カプセルを入れるスペースがあるので、カフェオレのカプセルをセットしたら元に戻します。

 

ドルチェグストのホルダーに専用カプセルをセットする

 

最後に銀ピカの「ハンドル」を下げて元に戻します。この時、カプセルに穴をあける音が「ガチャッ!!」とします。

 

ドルチェグスト専用カプセルをセットしてハンドルを下げる

 

熱湯か常温か、レバーの左右で選択して抽出する

あとは熱湯か常温かをレバーの左右で選択して抽出するだけです。レバーを左に倒せば熱湯で抽出され、右に倒せば常温で抽出されます。

 

レバーの操作方法

 

カフェオレは熱湯で抽出するタイプなので、左に倒します。レバーを倒すと、設定した水量を出し切るまで自動でカプセルを抽出してくれます。

 

ドルチェグストが抽出中

 

抽出が終わると、自動的に終了します。さぁ、最後に記念撮影をしてお終いです♪

 

カフェオレの完成

 

慣れれば全部の工程を1分半ほどで完了します。カフェオレタイムを楽しみましょう♪

 

>>ドルチェグスト公式サイトはこちら

 

>>目次に戻る

関連ページ

ゴールドブレンドバリスタ
ネスレ(Nestle)のコーヒーメーカー「ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタ」の口コミと評判をまとめました。ゴールドブレンドバリスタの特徴、使い方、専用エコシステムパックのレビュー、無料レンタルする方法も紹介しています。
マグニフィカ
デロンギの全自動エスプレッソマシン「マグニフィカ(MAGNIFICA)」のレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、コーヒーメニュー、最安値情報も解説しています。amazonや楽天では高評価で、美味しいエスプレッソが飲めると評判です。
ナイスカットG
国産メーカーカリタ(Kalita)のコーヒーミル「ナイスカットG」のレビューと口コミをまとめました。豆を挽く細かさをダイヤルの数字に合わせるだけで簡単に調整でき、豆本来の美味しさを引き出せると評判です。
珈琲通
象印のコーヒーメーカー「珈琲通」のレビューと口コミをまとめました。全自動タイプが1種類、他4~10杯分飲める通常タイプ8種類あります。ランキング入りしたEC-TC40は味にこだわらずに、手軽に粉でコーヒーを飲みたい人におすすめです。
CM-50
カリタの電動コーヒーミルCM-50のレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、最安値情報も解説しています。気軽にコーヒー豆を挽いて飲みたい人におすすめです。ただし、均一に挽けないのと、掃除が大変です。
コーヒーグラインダー
ラッセルホブス(Russell Hobbs)のコーヒーグラインダーのレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、最安値情報も解説しています。低価格で手軽に豆を挽けるのが評判ですが、金一に挽くのが難しいのと、音がうるさい点が不評です。
沸騰浄水
パナソニックの沸騰浄水コーヒーメーカーのレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、最安値情報も解説しています。豆を挽くところからドリップ、ミルの洗浄まで全自動で完結するので、自宅で手軽にコーヒーを楽しみたい人におすすめです。
ACE-S080
タイガーのコーヒーメーカーのレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、最安値情報も解説しています。真空ステンレスサーバーで保温性が高く、8杯淹れられる大容量、「マイルド」「スト口ング」「アイス」3種類楽しめるのが人気です。
オルフィ
メリタのコーヒーメーカー「オルフィ」のレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、最安値情報も解説しています。浄水機能、ステンレス製真空二重構造、メリタ式1つ穴抽出で美味しいコーヒーが飲めます。
ハリオ
ハリオのコーヒーメーカーのレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、最安値情報も解説しています。カスタマイズ性が高いので自分好みの味を作れるほか、雑味がないのが人気です。
CM-50
カリタのイージーカットミルEG-45のレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、最安値情報も解説しています。電動ミルとしては低価格なので、手軽にコーヒー豆を挽きたい人、初心者におすすめです。ただ挽き具合にムラがあったり、故障しやすいので注意が必要です。
全自動SC-A121
シロカの全自動コーヒーメーカーのレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、最安値情報も解説しています。SC-A121は蒸らし機能、4段階ミルがあり、ペーパーフィルター使わないので豆の味を楽しめると評判です。
KingTop
KingTop(キングトップ)のコーヒーミル(グラインダー)のレビューと口コミをまとめました。マシンの特徴と基本機能、最安値情報も解説しています。重量感があり、素早く好きな細かさに豆を挽くことができます。ただムラができやすく調整が大変というデメリットもあります。